〒874-0011 大分県別府市大字内竈(かまど)1473番地
0977-67-1111(代) FAX:0977-67-5766

放射線科

治療方針

放射線科では画像にもとづく全身の疾患の診断・治療を行っており、次の3部門から構成されています。

画像診断
CT, MRI, 核医学検査などの特殊機器を用い、体の中を詳しく調べ、病気の有無、質的診断、広がり診断を行う。
インターベンション
画像検査の技術を応用し、高度な検査や治療を行う。(肝臓癌塞栓術、出血に対する塞栓術、静脈瘤塞栓術、カテーテル化学療法、画像誘導下ドレナージ、画像誘導下腫瘍生検、術前マーキング等)
放射線治療
高エネルギー放射線を使い、侵襲性の低い悪性腫瘍の治療を行う。

当院のスタッフのうち2名は日本医学放射線学会の専門医であり、各部門で責任を分担し診療を行っています。また、精度の高い良質な医療の効率的な提供のため、各診療科と密接な連携をとり、病院全体のレベル向上に努めています。原則として各診療科の先生からの紹介で診療を行っており、病診連携として外部医療機関からのご紹介によるCT, MRI, 核医学検査も行っています。

診療実績

画像診断検査(年間件数)

一般X線撮影  75,838件
ポータブル撮影 9,104件
乳房撮影  1,117件
パントモ 278件
骨塩定量 398件
透視撮影 1,042件
血管造影・心臓カテーテル 954件
CT 12,696件
MRI 3,892件

核医学検査(年間件数)

432件

放射線治療(年間症例数)

179件

スタッフ紹介

山口 俊博

専門領域
核医学診断、放射線治療
専門性資格
  • 日本医学放射線学会認定放射線治療専門医

兒玉 真

専門領域
放射線科一般
専門性資格
  • 日本医学放射線学会認定放射線診断専門医

古屋 暁生

専門領域
画像診断、インターベンション
専門性資格
  • PET核医学認定医
  • 核医学専門医
  • 放射線診断専門医

田畑 公佑

専門領域
画像診断、インターベンション

その他

最近の当院放射線科の話題

2014年12月にCT装置が東芝社製320列CT「Aquilion ONE」に更新されました。
当装置のX線検出器は16cmの範囲をカバーでき、面検出器と呼ばれています。16cmの範囲に入る心臓を1回転で撮像できるため、更新前の64列CTでは画像に継ぎ目がありましたが、継ぎ目の無い鮮明な冠動脈CT画像が得られるようになりました。